count:                 

日本国の法律を侵す内容、公序良俗に反する内容を含むものに関しては、連絡無しに削除する場合がありますので御了承下さい。
Since2006/06/09 Last update 2006/06/09 by nakamura
  新規投稿  |  最新に更新  |  全体表示  |  検索  |  ナマステボードTop  |  JN-NET TOP は画像付き  

  Re22: 衝突続く/自衛隊はネパールへ行くな
[返信]
 No.070121235201340992.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1    07/02/06(Tue) 13:38   by  名古屋のN [変更] [削除]
【 Re1: 衝突続く/自衛隊はネパールへ行くな 】への返信

K.F様
 コメントありがとうございました。
 実際問題として、選挙本番の時にどういう治安組織でやるのか、心配です。警察だけでやるのかどうか。マオイスト対策でできた武装警察も動くのか。国軍と人民解放軍がそれぞれ動くのか、それまでに統合されるのか。そういう調整のほうがよほど大事なのです。
 武器管理だけだと言っても、それはイラクの「サマワは戦闘地域ではない」という屁理屈と同列で、公正な選挙は自由な社会の基盤であるという大きな原則に従った行動になる。後者についてどういう対処を日本国はとるのか、日本の市民はとるのか、ということに連動する。自衛隊が出るなら選挙監視団には参加したくない、という文民組織や民間人だって出て来るでしょう。少なくとも私はお断りです。
 国際法を無視した米軍のイラク侵略にくっついて出かけた自衛隊のことはよく知られています。アメリカがネパールでどれだけ反感を持たれているかを考えれば、(イラクで12人のネパール人出稼ぎ者が殺害された時にカトマンズで暴動が起きたことを忘れてはならない。)ネパールへ自衛隊がたとえ少数でも出て行くことは、日本とネパールのこれまでの平和協調の50年の外交史に大きな汚点を残すことになると思います。
 外務省当局は、これをきっかけに世界中で軍事優先外交を防衛「省」のイニシアティブで展開されていくことを肝に銘記して、外交が戦争を避け平和を作る本来の対話であるという原点に帰って、これに反対して欲しい。