count: 45667                

日本国の法律を侵す内容、公序良俗に反する内容を含むものに関しては、連絡無しに削除する場合がありますので御了承下さい。
Since2006/06/09 Last update 2006/06/09 by nakamura
  新規投稿  |  最新に更新  |  全体表示  |  検索  |  ナマステボードTop  |  JN-NET TOP は画像付き  

  Re16: 個人参加?
[返信]
 No.070205153618258313.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1    07/02/10(Sat) 17:37   by  K.F. [変更] [削除]
【 Re1: 個人参加? 】への返信

野崎様、

>  問題は、安保理決議が政治ミッションであってPKOではないこと。
>  いずれにしても、「武装解除」「PKO」と大騒ぎした日本のマスコミは、これからもこの政治ミッションが軍事ミッションではないことを日本国民に隠し通すつもりなのだろうか。

ご指摘のこの2点が最も重要なことだと思います。
我々日本社会には政府に火事場泥棒的な政治的判断と行動を許していいのかという問題が突きつけられているのだと思います。

 「甘い!」とのご批判を覚悟で敢えて言えば、今回のネパールの政権7政党とマオイスト党から同時に、同一内容で出された国連事務総長への支援要請、総長から安保理への支援提案は国連史上でもユニークなものなのではないかと思います。Kathmandu Post (12月3日)は米国連大使Bolton の感想を伝えていました:

< Bolton said he thinks the urgency that they felt was demonstrated by the fact that they did meet on the first day of the month, which in the folklore of the Security Council is a relatively strange thing to do. \"But we felt it was important to move ahead quickly,\" he said.>

 ネパールの国連を通じての国際社会への要請は厳密に限定した支援事項でした。ネパール社会にとって最重要な最優先事は包括的停戦、制憲議会選挙でした。前者が調印された後には選挙。
 ネパールが求めた支援の目的は一にこの選挙が「平和で公正な環境下で実施できる」ため。前総長アナンはこれを深く理解して安保理に支援を提案したのだと思います。バン総長がアナンの精神を引き継いだことを喜んでいいのだと思います。
 「21世紀における世界の模範になりたい」というコイララ、プラチャンダ両氏の希望を実現することに国連が貢献することは国連本来の存在理由の確認の機会でもあるのではないでしょうか。