count: 40888                

日本国の法律を侵す内容、公序良俗に反する内容を含むものに関しては、連絡無しに削除する場合がありますので御了承下さい。
Since2006/06/09 Last update 2006/06/09 by nakamura
  新規投稿  |  最新に更新  |  全体表示  |  検索  |  ナマステボードTop  |  JN-NET TOP は画像付き  

  「本当に安全なら外務省の職員が行けばいい」(自衛隊幹部)
[返信]
 No.070211180602783099.1.1.1.1.1    07/02/14(Wed) 10:54   by  名古屋のN [変更] [削除]
【 Re4: はや,自衛隊宣伝に利用 】への返信

1991年、PKO法が議論されていたころ、匿名の自衛隊幹部は以下のように発言していました。これが制服組の本音のようですね。当時は、戦闘が始まったら発砲できるのか、撤収できるのかが一番の争点だったのです。

 「例えば、維持軍が検問を突破された時、他国の部隊なら威嚇射撃ぐらいはする。日本の部隊は、停戦が崩れたかもしれないからと、撤収の伺いを立てなければならない。相手は常に弱い所を狙うから、すぐ撤収する日本は、狙われやすい」
 「武器を使うのは切羽詰まった状況だ。法律好きが『生命等防護のため』を頭の中で区別しようとしても無理。正当防衛でも、武器を使えば仕返しされる。できるだけ使いたくないが、現場に行った以上、危険な場面では、すべて生命等防護のためと割り切るしかない。一緒に任務に就いている他国の部隊が攻撃された時、自衛隊が逃げ出したら笑いものだ」
 「首相は、弾が飛んで来るような所には出さないと言うが、それなら維持軍はいらない。過去に多数の犠牲者が出ている事実は重い。自衛官は命がけで行く。本当に安全なら外務省の職員が行けばいい」(朝日)

 今のネパールの状況では、発砲も撤収も何もなく「本当に安全」で、PKOですらなく、武器も制服もいらないのですから、本当に喜んで行く自衛官はあまりいないでしょう。