count: 54323                

日本国の法律を侵す内容、公序良俗に反する内容を含むものに関しては、連絡無しに削除する場合がありますので御了承下さい。
Since2006/06/09 Last update 2006/06/09 by nakamura
  新規投稿  |  最新に更新  |  全体表示  |  検索  |  ナマステボードTop  |  JN-NET TOP は画像付き  

  KP・バタライ氏の立憲君主制論
[Web] [返信]
 No.070303221220562609    07/03/03(Sat) 22:12   by  tanigawa [変更] [削除]
紛糾すると登場するのが最長老KP・バラライ氏。いまのネパール政界への直接的影響力はないであろうが,コングレス創設メンバーにして90年憲法制定時の首相。重みはある。引退されたものと思っていたら,訪印し,インタビュー(2/28)まで受けているから,まだまだお元気なのだろう。コイララ首相といい,ネパールの長老政治家は神がかり的に元気だ。

そのバタライ氏が,国王に,政治権力と財産を放棄し立憲君主となるべきだ,と忠告されている。私も,その通りと思う。国王が自ら政治権力と王室財産の完全放棄宣言をすれば,まだ国王は象徴として存続する余地は残っている。

しかし,残念なことに,現国王にも側近にも,その気がないようだ。2月19日の国王声明を見ても,まだまだ未練たっぷり,巻き返しクーデターをねらっている,と疑われても仕方ない。いまの混乱が続けば,たしかにクーデターの目は出てくる。国王はそれを待っているのではないか? マオイストが,即刻,共和制宣言をせよと強硬に主張する根拠はそこにある。

たしかに,国王軍事クーデターになるくらいなら,共和制の方がまだましだ。むろん,共和制を選択すると,しばらくは混乱が続き,平和実現までにかなりの犠牲を強いられる可能性が高い。それでも,二者択一なら,保守の私ですら共和制を選択するし,世界世論もそれを支持するだろう。

しかし,もし第三の可能性があるとしたら? バタライ氏の提案は立憲君主制により,そのような極端な二者択一を回避せよ,という忠告だ。さすが,長老。政治的叡知にあふれている。国王はいまこそ,国民のため,そしてなによりも国王自身のために,忠良なる臣バタライ翁の助言に耳を傾けるべきだ。

しかし,万が一,国王が助言を入れないときは,どうすべきか? これは一外国人の想像にすぎないが,おそらくネパールの忠良なる君側の臣は,王制を守るため象徴国王となりうる人物(子供でもよい)を王位につける努力をするだろう。それが忠君愛国というものだ。

忠臣バタライ翁の助言が聞き入れられるなら,ネパール王制は救われる。耳をふさぐようなら,王制はこれでおしまい。

* Bhattarai for cutting off King\\\'s power, Rising Nepal, Feb.28
「世俗断念が王制存続の条件」2006.8.7
http://nepalreview.spaces.live.com/blog/cns!3E4D69F91C3579D6!414.entry