count: 41081                

日本国の法律を侵す内容、公序良俗に反する内容を含むものに関しては、連絡無しに削除する場合がありますので御了承下さい。
Since2006/06/09 Last update 2006/06/09 by nakamura
  新規投稿  |  最新に更新  |  全体表示  |  検索  |  ナマステボードTop  |  JN-NET TOP は画像付き  

  カトマンズ激変!
[Web] [返信]
 No.070320005835290213.1    07/03/21(Wed) 14:47   by  tanigawa [変更] [削除]
【 UNMINに丸裸にされるネパール 】への返信

「激変」は大げさだと反論されるかもしれないが、やはり3年前との比較での第一印象は大切にしたい。1週間もすれば、慣れてしまうのだから。

(1)一つは、王宮の向かい側(アメリカンクラブ付近)が撮影禁止となり、兵隊が銃を構え厳戒していたこと。王党派がアメリカ人を攻撃するとのマオイストの警告のせいか? この3者の関係はパズル並みに面白い。

以前はカカニ駐屯地などを撮ってもお構いなし。それどころか、人民戦争中、軍の検問を記念撮影しても平気だった。アッパレ、と感嘆したものだ。

ところが、いまや重要施設の撮影は要注意だ。故意でなくても、うっかりパチリとやると、逮捕される恐れがある。ネパールはめでたく「普通の国」になった。ご用心を!

(2)もう一つびっくりしたのは、子供たちの物売り激増。新聞などを信号待ちの車に売りつけにくる。それと、路上の物乞いの増加。

こんな(もちろん窮状にある彼らではなく放置している政府の)恥部に光を当てれば、まともな神経なら恥ずかしくて、とてもじゃないが見られない。これはまさしく社会的ポルノだ。

(3)そして、第3に、UNMIN。まだ調べていないが、UNMIN特需はスゴイらしい。そりゃそうだ。ホームページを見ただけで、UNMINの金余りは明白だ。

20日、トリブバン空港ビルを出ると、「UNMINご一行様」出迎えが多数待機していた。おそらく高級ホテルからであろう。私のような安宿にとまるはずがない。高級ホテルトイレをタダで借用するついでに、見てこよう。「マオイストご一行様」と隣室だったりして....。

国連の平和構築支援の意義は十二分に認めた上で、なおかつネパールでは、その善意の活動ですら一種の「いかがわしさ」「ポルノ性」を帯びざるを得ない。これが、この国への関与の難しさだ。

(補足)ナマステボードは、わがブログよりも応答が断然速い。在ネ中は、こちらを中心に掲載する予定。