count:                 

日本国の法律を侵す内容、公序良俗に反する内容を含むものに関しては、連絡無しに削除する場合がありますので御了承下さい。
Since2006/06/09 Last update 2006/06/09 by nakamura
  新規投稿  |  最新に更新  |  全体表示  |  検索  |  ナマステボードTop  |  JN-NET TOP は画像付き  

  タルーと人食いコンバイン
[Web] [返信]
 No.070330001007085050    07/03/30(Fri) 00:10   by  tanigawa [変更] [削除]
3月28日、タライ方面に無計画、無責任な観光旅行をした。

1.美人ぞろいのタルー
遊びまわったのはタルーの村。セクハラといわれるかもしれないが、訪れた村のタルー女性はみなすらっとしていて大変な美人。家も実に美しい。土壁にはミティラ(マイティリ)と同じく絵が描かれている。こちらは手形や抽象模様が多い。

2.のどかな田園風景
田畑では麦が収穫期。広々とした田一面に見事に麦が実っている。その一角は稲の苗代がになっており、苗が10センチくらいに育っている。その隣では、一家総出で田植え中。そのまた隣では、スパイスらしきものを収穫し、舗装道路上に広げ、通過する自動車に踏ませ、脱穀している。

タルーの田園風景は、絵になる。自分には農作業の重労働はできないが、外人向け超豪華ホテルに泊まり、タルーの人々の生活を外から見ているのは、まったく天国そのものだ。

3.タルー農民の幸せ
タルーの人々の生活は、先進国基準では貧しく苦しいに違いないが、伝統的生活を守り、家々を美しく飾り、楽しくおしゃべりをして過ごすことができる限りでは、決して不幸とは見えなかった。

4.学校のない幸せ
村々には、学校に行っていない子がかなり見受けられた。いいではないか。学校なんか行かなくても。田畑で農作業を手伝っている子、川で泳いでいる子、家の周りで遊んでいる子、いかにも子供らしく、人間らしい。かつて私も友達もまともには小学校などに行かず、遊び暮らしたものだ。

近代の牢獄、文明の諸悪の根源、学校を粉砕せよ。子供に、子供の世界を返せ! 子供は大人ではない。勉強は大人の仕事であり、子供は遊んでおればよいのだ。

5.人を食うコンバイン
そのタルーの村に悪魔が現れた。なんと巨大コンバインで一面の麦畑の収穫をしているのだ。大型トラクターも恐ろしい勢いで田んぼを耕している。まだ、ほんの数えるほどだが、そんな恐ろしいことが始まりかけている。

素人には正確な計算はできないが、大型コンバインはおそらく農民の千人分、いや1万人分の仕事を1台でやってしまうだろう。大型トラクターも千人分の仕事はする。そんなことは一目瞭然だ。

つまり、農業の機械化で大量の農民が失業し、そして農作業を基盤に形成されてきたタルー社会もその文化も崩壊してしまうということだ。

タルーの美しい田園風景は、せいぜいあと数年の命だ。どこの援助か知らないが、直線的(=近代的=非人間的)なコンクリート用水路もかなり普及していた。

コンバインがタルー文化を殺し、コンクリート直線用水路がタライの動植物多様性を破壊する。それもおそらく数年で。

6.失業対策としての人民戦争
人食いコンバインは、マオイストよりこわい。先進国は農業近代化による余剰人員を工業や商業に振り向け、生産した商品を
途上国に売りつけることにより、成長して来た。植民地への失業者輸出も盛んだった。

今のネパールにはそんな未開発市場や植民地はない。余剰人員の引き受け先がないのだ。仕方ないから、人民戦争、反人民戦争で自国民同士を殺し合い、余剰人口を減らしている。人民戦争は失業対策なのだ。

7.マオイストよりこわいコンバイン
人民解放軍宿営地に入るときはむろん緊張はしたが、背筋の凍るような恐怖は感じなかった。

これに対し、広々とした麦畑のあちこちで一家総出で熟した穂先を刈り取っている天国のように美しいい田園風景の一角に突如現れた巨大コンバインを見たときの驚きは、筆舌に尽くしがたい。

色とりどりの衣装の男女農民がおしゃべりをしたり、ふざけあったりして一生懸命に、しかし遠目にはのんびりと刈り取り作業をしているのを尻目に、悪魔の巨大コンバインがあっという間に小麦の収穫を進めていく。

それは、某帝国主義国お得意のじゅうたん爆撃、無差別爆撃に匹敵する蛮行だ。人々の収穫努力、神々に通じている収穫の文化をせせら笑うかのように、臭い排ガスを吐き出しながら、小麦を非人間的、非文化的に、まさしく機械的に、生命を持つはずの小麦への畏敬のかけらも見せず一網打尽に切り取り、商品としての小麦を生産していく。何たる蛮行か!

8.コンバイン打ち壊し
しかし、ドンキホーテの昔から、人間は機械には勝てない。19世紀の機械打ち壊し運動でも人間は完敗した。

美しいタルーの村に現れた巨大コンバイン。タルーの心優しい人々は、そして他の多くの同じく心優しいネパールの農民たちは、この悪魔の機械にどう対応していくのだろうか?

人民戦争は、現象の単なる表層に過ぎない。選挙なんかやってみても、コンバイン問題に向き合わない限り、何の問題解決にもならない。ましてや、自衛隊員6名が来てどうなるものでもない。

バズーカ砲でも持ち込み、コンバインを木っ端微塵に粉砕するのなら、まぁ、多少は悪魔の鼻を明かすことになるかもしれないが・・・・・・。