count: 40888                

日本国の法律を侵す内容、公序良俗に反する内容を含むものに関しては、連絡無しに削除する場合がありますので御了承下さい。
Since2006/06/09 Last update 2006/06/09 by nakamura
  新規投稿  |  最新に更新  |  全体表示  |  検索  |  ナマステボードTop  |  JN-NET TOP は画像付き  

  Re3: 宮島喬『ヨーロッパ市民の誕生』(6)
[返信]
 No.070531214537478256.1.1.1    07/06/01(Fri) 13:26   by  K.F [変更] [削除]
【 Re2: 宮島喬『ヨーロッパ市民の誕生』(6) 】への返信

ネパール語を話すネパール人のかなりの数の人々は出身民族の言語も話すバイリンガルですね。ネワール人のように印欧語(ネパーリ)と蒙古語(ネワリ)という言語システムのまったく異なる2言語を自在に操る人がいっぱいいることに驚きを感じます。そのためなのだと思いますが、それに加えて英語、日本語、ヒンドゥ語、あるいはヨーロッパ諸語のどれかとかアラビア語などを話す人もちょいちょい見かけます。5−7言語できる人が一般の人の中にかなりいるのですね。
今後、義務教育と高等教育が普及すればもっともっと増えるるのでしょう。
数言語を操ることができる人たちはそれぞれ、仕事上の必要からあるいは将来の活動に備えて外国語を勉強するようですが、上記のようなバイリンガルの人たちは新しい言語の習得が容易なのか、と思うことしばしばです。
知り合いのネワール人(30台半ばの男性)が2,3日後に仕事の研修でフランスに行く、という時に会ったら、いきなり滑らかなフランス語で話し始めました(私がフランス語ができることを知っていたので)。意表を突かれてびっくりして、1年前に会ったときには?と言うと、「半年間勉強した」とにこにこ。カトマンドゥの外国語学校で、と。週に何時間?と訊くと「毎日」と得意気な表情でニコニコ。
3ヶ月ほどの研修を終えて帰国してからは時々フランス語で現況を知らせるメールが来ます。
カトマンドゥ郊外の村人である彼は大学卒業後に自分の村で農民協同組合のリーダーをしています。
ネパールの人たちを見ていると、お互いに同じ母語の人がいると、私が同席していても私には関係のない彼らの仕事の話などになると彼らの言語で話していることがよくあります。「Nepali or Newari?」と訊くと「Newari」と。

標準語(今は共通語というのですね)教育は日本全国の人々のコミュニケーションのために有用だと思います。ただし、方言の訛(発音、アクセント、イントネーション)を矯正する必要はないと私は思います。語の違いは場合によりケリでしょうが。
方言の「弾圧」は残念ながら高度成長期に著しかったのではないでしょうか。
今は逆に「ふるさと」文化志向社会。演劇・映画・TVドラマなどでは「方言指導」という項目があります。方言でこそ心情が伝わるということは多々ありますね。一を言えば十が伝わるという関係でないかぎり、外国人との付き合いで、日本語で語れたら、と思うことがあります。
私には身についた方言がないので、日本語を使う限り、日常的に歯がゆい思いをすることはありませんが。
地方出身の親しい人にはたまに「あなたの方言で話してみて」と頼むことがあります。1言語の豊かさとは方言の多様さも含むのだと思います。「しんどい」、「いけず」、「きれいわ」、「かったるい」、「お晩です」、など方言出自のいい表現はいっぱいありますね。

御論の中のほんの一部のことに対して、長々とおしゃべりしてしまいました。御笑読いただければ幸いです。